法律の専門家として

法律書

法律のエキスパートでもある弁護士ですが、各都道府県には弁護士会というものがあり、そこでいろんな相談をすることができます。岡山県でも各市に多くの弁護士が所属しているので、身近にいてくれる安心感があります。

もっと読む

逮捕された時の対応方法

スーツ

刑事事件で弁護士に依頼する場合、経験豊富で実績のある弁護士に依頼する工夫をすると、不起訴になる可能性が上がるメリットがあります。経験豊富な弁護士に依頼すると、被害者がいる場合には示談交渉を行うなど、どのような対応をすれば量刑が軽くなるか判断できます。

もっと読む

夫婦が別れる際には

書籍

離婚などを検討される時には、弁護士などを頼る事が人気の方法です。さらには離婚専門の弁護士であれば、きっちりと相場並みの慰謝料を獲得できたり暴力などの問題などにもいても、専門にしているだけの経験がある事もあり、安心感があるでしょう。

もっと読む

働く上での権利を守る

婦人

泣き寝入りしない事

雇用されて働く上では収入を得る事ができるからこそ働くのであって、雇用主と労働者における関係性はお金の面が強い部分もあるでしょう。そのお金に関する支払いがないと良好な関係を保つ事も難しい事があり、問題として残業代など正当な報酬を得る事ができない点などが挙げられます。雇用主によっては時間外にならないようにタイムカードなどを時間内で記入し、その後に残業が発生した事などを隠す事もあるでしょう。働けるだけ幸せと諦める事なく残業した時間を毎日記録しておいて、残業代請求などを行うと良いです。ただ書きとめておくだけでも法的な効力を発揮するケースがあり、残業代請求を行う際には弁護士などの専門家に依頼すると良いと言えます。

専門家の介入が円満解決を

残業代請求を会社にする時に個人で行うとトラブルの結果、残業代請求ができないばかりか不利な立場に陥る事もないとは言えません。そのような事態を避ける意味でも、弁護士に依頼した方がスムーズな解決を実現できるでしょう。弁護士を活用するメリットは残業代請求が成功するのみではなく、もしも現状で働いている会社に請求するのであればその後に不当に解雇される事を防げる効果もある点が挙げられます。個人と雇用主が争うケースでは法的な処置をちらつかせれば成立する事もあるでしょうが、その後に会社に居づらくなるように雇用主に誘導される危険性もあり、請求できたとしてもその後の生活に不利です。その点でも弁護士費用を支払ったとしても、十分に有益な結果を得られる点で専門家への依頼が良い方法でしょう。